プログラミングができるとサイトの使い勝手を上げられる

web制作を行うにはある程度、プログラミングとコーディングのスキルが必要になってきます。たとえば、サイト上の画像を閲覧者がマウスでクリックすると拡大する、あるいは検索フォームにキーワードを入力すると、入力されている文字から検索ワードの候補を表示するといったことをやるには、そういったプログラムを書かなければなりません。HTMLとCSSだけではできないのです。web制作で利用される代表的なプログラムとしてJavaScript、PHPがありますが、どちらも覚えておいて損はないでしょう。

ただ、プログラミングが完璧にできないとweb制作は無理かというとそんなことはありません。ネット上には、プログラマーなどが公開している基本的なソースコードがたくさんあるからです。それらをそのままサイトに組み込んで動かすこともできます。

コーディングの知識はサイトを形にするために必要

コーディングというのはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、web制作においては主にHTMLとCSSでサイトを組み上げることをいいます。たとえば、web制作はまずデザイナーがサイトをビジュアル化し、コーダーと呼ばれる役割の人がそれをブラウザ上で再現するためにコーディングを行うという流れで作られることが多いです。もし、一人でweb制作を行う場合、コーディングの知識がないとサイトを形にすることができないので話になりません。

コーディングの知識を得るためには、とにかくHTMLとCSSのルールを学ぶことです。その際、大事なのはその時点で最新バージョンのものを覚えるという点。HTMLもCSSもバージョンが新しくなるにつれてできることが増えているので、古いバージョンしか知らないと今風のサイトを作るのは難しくなります。